* 腐女子向け発言満載 *
妄想咲き乱れる徒然日記。
……ときどきBL小説。
感想などご連絡はコチラ→MAIL
CALENDAR   PROFILE
ENTRY   CATEGORY  COMMENT
 LINK  OTHERS  ARCHIVE
Log in
本のはなし
本の趣味が合うお友達がいます。
最近読んだ本で良かったのとかよく語り合ってたり、おすすめし合ったり。

彼女も私も江國香織が大好きで。
「ホリーガーデン」と「きらきらひかる」はバイブルよね、なんて言い合っていて。
好き過ぎて、あとがきもそらで言えるのは江國さんの本くらいです。
エッセイとか詩集まで買っちゃうのも江國さんくらいです。

構成力とかより、人間の描写(心理大きく含む)や文章、言葉センス重視してるので、
二人して「ここの一文が!」「この台詞!」とか言ってキャッキャします。
好きなとこは一字一句違わず覚えるのが主な特徴、な私とお友達。

漱石にハマってから、傾れ込むように文学ブームきてます。
気分に合わせて、芥川龍之介、宮沢賢治、太宰治、森鴎外などなど。
梶井基次郎の「檸檬」は残念ながらイマイチだった。何も刺さらなかったな。
私がまだその域(どの域かは知りません)に達してないのでしょう。
名作と言われるものの中で何ひとつ刺さらなかった作品は初めてでした。

お友達に「亜澄さん太宰好きそう」と言われたことがあるけど、そんなこともなく。
(太宰好きそうと言われると、なんかなんか……複雑なのは私だけでしょうか)
ただ、太宰は特に好みというわけではないけど、時々言い回しが凄くツボります。
メロスの冒頭はバツグンです。冒頭ランキングだと1位かもしれない。
あれほど素晴らしい書き出しはない。

バツグンといえば、H.G.ウェルズの「故エルヴシャム氏のおぼえがき」
(原題→The Story of the Lete Mr.Eluesham)
古いイギリスの作家さんで「透明人間」とか「タイムマシン」が有名ですが、
この作品のじわじわ怖い感じは学生時代読んでシビれたのを覚えてます。
不老不死をテーマにしてるんだけど、そっちか!みたいな方法で(どっち)。
最初から最後までそらで言えるくらい(昔ね)何度も読みました。
ええ。昔からこんな奴でしたそういえば。

現代作家も、もちろん好きな方はたくさんいます。
冒頭の江國さんは当然として、伊坂幸太郎大好きです。キャラがいい。
伏線の回収の素晴らしさとか洋画のような掛け合いとかクセになります。
何冊くらい持ってるんだろう。一番好きな作品は、と考えて選べないくらい好き。

大人になってからあんまり読まなくなった推理小説も、好きな作家はたくさんいます。
有栖川有栖とか好き。「作家アリスシリーズ」が大好きで。
腐目線で見ちゃう、火村と有栖(*´艸`*)
あと我孫子武丸(「殺戮にいたる病」すごい)、荻原浩(「噂」面白かった!)
十代の頃に推理小説激ハマり期があって、当時は推理小説以外読まなかった。
エラリークイーンとかアガサ・クリスティとか大好きでしたね。

貴志祐介も好き。ニノが映画やったとか抜きにしても「青の炎」は傑作です。
有川浩も角田光代も湊かなえも好き。読後の満足感が高いんですよね。キリがない。

まあそれでも相も変わらず結局、漱石LOVEです(*´∀`*)
「夢十夜」は私が短編に求める全てが詰まった大切な一冊です。
技術・センス・バランス・リズム。完璧です。ぐうの音も出ない素晴らしさ。
「こころ」も好き。人物の年齢無視して、脳内で二宮ボイスで読むと滾ります。
本当になんで学生の頃(今よりは瑞々しい感性もあったと思われる)にちゃんと読まなかったのか。
二度楽しめたはずなのに。
坊ちゃんも勿論好き。SPドラマでニノが坊ちゃん演じたの嬉しかったなあ。
ドラマだとやたらマドンナの出番があってビビッたもんです。
因みにこのドラマで一番嬉しくて何度かリピートしたのは、ドラマ開始直後。
坊ちゃんの冒頭をニノボイスで聞けたことです。朗読CD出してほしい。買うから。

まあ、そんなこんなで、本の話は尽きず。
それならと、お友達から質問されました。
 


「無人島に一冊だけ持っていくなら?」
 


そんなの迷わないよ。
 

決まってるじゃない。
 

 

私が無人島に持っていく1冊は即答で、

 
 


 

 




櫻井翔表紙のanan です。
↑おまえはやっぱりおまえだな。

 
| 読書録 | comments(0) | 
重力ピエロ映画化!O(≧▽≦)O
すごーい!めっちゃ嬉しい〜(*´∀`*)
井坂幸太郎の小説の中で凄く好きな作品ですw

私、あらすじ読んでなくても前情報無くても、
最初の1ページ目の出だし見て、ビビッときたら買う事にしてるんだけど、
重力ピエロ買った時はまさにそれでした。

『春が二階から落ちてきた』

この一文がなんか素敵で。
でも本文にもあるけど、これは奇をてらった比喩でも何でもなくて、
春は弟の名前で、弟が落ちてきたという、まんまの意味で。
私は1ページ目から春に興味持ったけど、そうでなくても8ページ程読めば
絶対、春って人物に興味が湧く!と、思います。

まぁ、作品語りだしたら止まらないので置いといて・・・
これ映像で観れるなんて今からドキドキします。

そして役者さんがまたイメージ通りですこれ!(私はね)
泉水が加瀬亮さんd(≧▽≦*)
ぽいっ!泉水っぽいもん!いいねいいね♪

で、心配だった春。
だって作中で誰もが目に留める美青年ってことある毎に表現されてんだもん。
で、春をやるのが岡田将生くんだそうで。
・・・私、よく知らない方なのですが(スイマセン)
映画重力ピエロのHP見て、予告見て、バッチリ!って思いました(*´∀`*)

あの泉水と春との(私的に)萌え萌えなやり取りが観れるかと思うと(*´Д`*)
予告で既に「兄貴は俺にとって」ってアレ言ってましたしね(* ´艸`*)
あー春がツボ過ぎてたまらんわぁwこれ、早く観たいwすっごい観たいw
早く5月にならないかなぁ〜O(≧▽≦)O


この調子で(?)いつか、グラスホッパーも映画化したらいいな。
重力ピエロ以上に映像化難しいと思うけど。是非!
そしたら蝉は誰がやるだろう・・・

井坂作品フルコンプしたいなぁ・・・
買えてないのまだまだある(嵌ったの去年後半くらいだし;読むの遅いし;)
「グラスホッパー」と「重力ピエロ」と「魔王」と「チルドレン」は読んだw
今読んでるのが「陽気なギャングが地球を回す」で、
予定では、次は「オーデュボンの祈り」(もう買ったから)
とりあえず出てる本は全部本気で読み尽くしたいです。読みたいのいっぱい!

なんか思いの外語ったなぁ・・・まぁ、いいか♪自己満上等で♪
さ、寝る前に「陽気なギャング〜」読もう(*´∀`*)
| 読書録 | comments(0) | 
なんとなく読書の秋
今の私のケータイ着歌は、「光と闇のあいだ」(パンドラ@じゅんじゅん)です。
というわけで、こんばんわ。開き直っちゃった(*´∀`*)
(いや、実際バイブにしてる事多いからあんま鳴らないんですけどね)

なんか最近ふと時計に目をやると、2:25って場合が多い。
凄く多い。今も見たらまさに。なんか・・・(*´∀`*)
(※祥ちゃんの誕生日=2月25日)

チェリベ中毒な倫に「じゅんじゅん病」は落ち着いた?的な事言われた(*´∀`*)
まったく。キミこそ!と言いたい。我が胸に手を当てたまえ!と(笑。
まぁ、お互いビョーキですよ。なかなかのものですよ(笑。
あ!あと私のブログ、そない笑うとこないはずだがね?
電車で読むと危険て・・・まぁ、否定はしない(笑。

【シアバターってなあに?】
ニ●アのボディクリーム(?)のCMの声、森田さんっぽい気がするんだけど、
どうだろう!どう聞いても森田さんに聞こえるんですが!(違うかな;)
あのトーンのあの声すっごい好きw癒される〜w
・・・これでまた違ってたらウケるな(いや笑えないです姉さん)
そう・・・よっちんと祥ちゃんを間違えた時の様に(アイタタタ・・・)


【魔王読み終わった!】
最近、寝る前とか休憩を利用して読書してます。
買っただけで読めてない本が多すぎて、それは良くないと思って。
井坂さんの本でいえば、「グラスホッパー」「重力ピエロ」と読んで、
昨日、「魔王」読み終わりました。これで「モダンタイムス」が心おきなく読めるw
・・・で、いつ出ますか「モダンタイムス」もう出てる?って事はないか。
本屋さんに無かったし。まぁいいや。どのみち今金欠だしσ(^_^;)

それにしても・・・「魔王」いろいろ気になる・・・
ネタバレなんでちょっと反転↓

安藤兄は死んだ後も「腹話術」使ってるとかいう事はない、よね?;
てか、死と共に(犬飼に)もういっそ入り込んじゃったとかは考えすぎか・・・
安藤の能力はルルーシュとロロのギアスに漠然とだけど近しい。
ロロのギアスってか、ロロのギアスでの弱点。死に方も能力の酷使だし(´A`。)


あと安東弟である潤也メインの「呼吸」は動き出したっぽいとこで終わってる感じが
いやでも「モダンタイムス」購買意欲を掻き立てる・・・!
潤也はどうなんだろ・・・いろいろどうなんだろ・・・魔王、になったりするのかな。
だって、あんなに「兄貴」「兄貴」な潤也(←そこに萌えている)がそんな。
井坂さんの書く兄弟は素敵だなぁ。
(「重力ピエロ」の泉水と春なんて究極に萌えた!)

で!
本屋で見かけた!「魔王」が漫画になってたのを!
安藤兄が高校生!?犬飼は自衛団のリーダーっぽい感じ!?
設定結構変わってるな〜(原作では社会人だし犬飼は政治家だし)
その上!井坂作品のキャラがいろいろ出てるとか!
「グラスホッパー」の蝉とか鯨とか!嬉しい!
けど!絵が!私の蝉イメージとは違ったかなぁ;
それでもあの絵からも祥ちゃんボイスを勝手に想像してしまえる;
なんか色々・・・違うけど・・・お金貯まったら読んでみようと思いました。

そんなわけで(?)今日から荻原さんの「噂」読んでます。
犯人?のアタリつけてはいるけど、鑑識からの報告やら何やらで全く分からなく;
不気味な事件だし何が何やらで面白い。う〜ん・・・?
とりあえず「西崎譲」のことを「ゆづるん」
「小暮悠一」の事を「ゆうきゃん」って心の中で読んでます。(やめなさいよ)
小暮ゆうきゃんは愛しいおっさんデカだなぁ。そして素敵。
遺体を前にした時の部下への言葉と心中での決意にジーンときた。
頑張れ!小暮ゆうきゃん!(若者の言葉とかパソコンとか難しいよね(*´∀`*))
| 読書録 | comments(2) | 
読書の秋!
【少しずつ消化】
買うだけ買って全く読んでない本が多すぎて・・・これではいかん!
って事で、読めてない小説片っ端から読破しようと目論んでおります。
てか、読めてない本があるのに、本屋に行くと買ってしまったりするから
増える一方なんですよね・・・
井坂幸太郎と萩原浩の本は読みたくて読みたくて買ったのに読めてない;

特に井坂幸太郎が大好きで、見つけると買ってしまいます。
「グラスホッパー」でハマってから、
中毒の様に伊坂さんの本ばっか集める様になってしまってる;
このグラスホッパーに出てくる蝉がね!
登場早々、第一声が「ぐちゃぐちゃうるせえなぁ。うるさすぎ」って
耳の中掻くんだけど、そこが私の脳内で祥ちゃんボイスに変換されてね・・・
過去一度も小説の登場人物の声をイメージして読んだりした事ないんだけど、
超自然に変換された。そっから蝉が喋る言葉は全部、勝手に祥ちゃんボイス。


「魔王」なんてあらすじ読んだ瞬間からもう絶対面白いよコレ!って即買い。
慌しい中で読むのもったいないから時間ある時に静かに読むぞ!
・・・って思ってて、まだ読んでない。
10月下旬に「モダンタイムス」ってのが出るらしいから、それまでに読み終えたい!
・・・でも今読んでる「重力ピエロ」まず読破しよう。
「重力ピエロ」の泉水と春イイんだよね。この兄弟の会話大好きw
なんかもう泉水に惚れる。でもキャラとしては春が好き。黒いものを抱えてる感じが。
時々、春が無性に怖くなるんだけどそれがちょっとゾクッときてイイのです。



【アニメ・魍魎の匣】
私は京極は好んで読まないのでよく分かりませんが、マッキーが京極大好きで、
(倫か恵も好きだった気がする。あ、どっちも読んでた気がしてきたな)
テレビアニメ化は正直どうだろう風な事を言ってたんだけど、
キャラクター原案がCLAMPなことと(京極堂が超美形←主人公の事だよねきっと)
キャストが良さそうだから、一緒に観ていこうぜ!と熱く誘われました(笑。
うん。1話観て面白そうなら観るよ。

因みにキャストは・・・

京極堂/平田広明
榎木津礼二郎/森川智之
関口巽/木内秀信
木場修太郎/関貴昭
烏口守彦/浪川大輔
楠本頼子/高橋美佳子
謎の男/古谷徹
他・・・


公式サイト見たけど、どれが誰かわかんないや;
真ん中の着物が京極堂だろうから、右端の私好みの美形が森川さんかな?
(あーでも眼鏡っぽい気もするしタバコっぽい気もする)

とりあえず1話、マッキーと同じ様に正座して観ます(笑。
| 読書録 | comments(5) | 
| 1/1 |